NSX-T

NSX-T L2 Bridge HA – Preemptive

今回はL2 Bridgeの冗長化について、Preemptiveが有効な場合の動作を見ていきます。 検証結果 検証内容、構成 NSX EdgeでL2 Bridgeを使用して、VLAN 10とSegment 1を相互に接続します。...
NSX-T

NSX-T L2 Bridge HA – Non Preemptive

今回はPreemptiveが無効な場合のL2 Bridgeの冗長化についてまとめました。 概要 L2 Bridgeの冗長化について L2 Bridgeを動作させているNSX Edgeに障害が発生すると、VLANとGENEVEの...
NSX-T

NSX-T L2 Bridge

今回はNSX EdgeのL2 Bridge機能に関してまとめました。 概要 L2 Bridgeについて L2 Bridgeを使用することで、従来のVLANのネットワークとNSX-TのGENEVEの仮想ネットワークを相互に接続す...
NSX-T

NSX-T NAT – FW Bypass

今回はNSX-TのNATのFW Bypass機能をまとめました。 概要 NATのFW Bypassについて FW Bypassを使用することで、NATされるパケットに対するGateway FWの処理を回避することが可能です。 ...
NSX-T

NSX-T Destination NATとGateway FWを組み合わせた際の動作

今回はNSX-TのDestination NATとGateway FWを同時に使用する場合の動作を見ていきます。 概要 NSX-TのDestination NATとGateway FWの組み合わせ 前回の記事と同様に、今回はT...
NSX-T

NSX-T Source NATとGateway FWを組み合わせた際の動作

今回はNSX-TのSource NATとGateway FWを同時に使用する場合の動作を見ていきます。。 概要 NSX-TのSource NATとGateway FWの組み合わせ Tier-0/1 GWのSRにおいて、Sour...
NSX-T

NSX-T NAT Log

今回はNSX-TのNATのログの出力方法をまとめました。 検証結果 検証内容、構成 Tier-1 GWでSegment 1を収容します。 Tier-1 GWとTier-0 GWを接続します。 NSX EdgeにTier-0...
NSX-T

NSX-T NAT – 特定の通信をNAT対象から除外する方法

今回はNSX-TにおいてNAT対象に含まれる通信のうち一部の通信をNAT対象から除外する設定方法を説明します。 検証結果 検証内容、構成 Tier-1 GWでSegment 1を収容します。 Tier-1 GWとTier-0...
NSX-T

NSX-T Destination NAT – Port

今回はNSX-TのDestination NATで送信先ポート番号も一緒に変換する場合の検証証跡をまとめました。 概要 NSX-TのDestination NATによる送信先ポート番号の変換 NSX-TのDestination...
NSX-T

NSX-T Destination NAT

今回はNSX-TのDestination NATの検証証跡をまとめました。 概要 NSX-TのDestination NAT 物理ネットワークからNSX-Tの仮想ネットワークへのトラフィックの送信先アドレスを変換したい場合に、...
タイトルとURLをコピーしました