VMware

NSX-T

NSX-T BGP Originの比較

今回はNSX-TのBGPのOriginの比較についてまとめます。 概要 Originについて Originはルート情報の生成元を示すパスアトリビュートで、以下の3種類の値が存在し、上の値の方が優先度が高いです。 IG...
NSX-T

NSX-T BGP Weightの比較

今回はNSX-TのBGPのWeightの比較についてまとめます。 概要 Weightについて 特定のBGPネイバーから学習したルート情報を優先したい場合にWeightを使用します。WeightはLocal Preference...
NSX-T

NSX-T BGP AS_PATHの比較

今回はNSX-TのBGPにおけるAS_PATHの比較についてまとめます。 概要 AS_PATHについて AS_PATHはルート情報が経由した組織のAS番号を格納するためのパスアトリビュートです。EBGPネイバー対して、ルータが...
NSX-T

NSX-T BGP MEDの比較

今回はNSX-TのBGPにおけるMEDの比較についてまとめます。 概要 MEDについて 他拠点から自拠点に到達可能な経路が複数存在する状況において、自拠点に対して他拠点がトラフィックを転送する際に使用する経路の優先順位を制御す...
NSX-T

NSX-T BGP Local Preferenceの比較

今回から、NSX-TのBGPのパスアトリビュートの比較に関する検証証跡をまとめていきます。最初はLocal Preferenceの比較についてまとめます。 概要 Local Preferenceについて 自拠点から他拠点に到達...
NSX-T

NSX-T BGP Maximum Prefix

今回はNSX-Tのおいて、特定のルータからBGP経由で学習したルート情報数が一定数を超えた際にログを出力する機能の検証証跡をまとめました。 概要 BGPのMaximum Prefixについて 異なる組織間でBGPを動作させてい...
NSX-T

NSX-T BGP ルート情報受信時のフィルタリング(IPアドレスを条件に使用)

今回はNSX-Tにおいて、BGP経由でルート情報を受信した際のフィルタリング動作の検証証跡をまとめました。 検証結果 検証内容、構成 Tier-1 GWでSegment 1を収容します。 Tier-1 GWとTier-0 G...
NSX-T

NSX-T BGP ルート情報広報時のフィルタリング(IPアドレスを条件に使用)

今回はNSX-Tにおいて、BGP経由でルート情報を広報する際のフィルタリング動作の検証証跡をまとめました。 検証結果 検証内容、構成 Tier-1 GWでSegment 1とSegment 2を収容します。 Tier-1 G...
NSX-T

NSX-T BGP 再配送時のフィルタリング

今回はNSX-Tにおいて、BGPへルート情報を再配送する際のフィルタリング動作の検証証跡をまとめました。 検証結果 検証内容、構成 Tier-1 GWでSegment 1とSegment 2を収容します。 Tier-1 GW...
NSX-T

NSX-T BGP ルート集約

今回はNSX-Tにおける、BGPのルート集約の検証証跡をまとめました。 概要 ルート集約について 以下のように、10.1.1.0/24~10.1.254.0/24の254個のSegmentが存在する状況で、BGPを動作させた場...
タイトルとURLをコピーしました